top of page

年末年始の牛乳・乳製品の消費拡大について

消費者の皆様へ


 私たちの食卓に欠かせない食材となっている牛乳やチーズ、バターなどの乳製品は、全国各地の酪農生産者や乳業メーカーの方々の日ごろの努力により安定的に供給されています。

 年末年始は、冬休みで学校給食がない上、お正月にはあまり家庭で牛乳が飲まれないため、消費量が極めて低水準となります。

乳牛は病気を防ぐためにも、毎日乳を搾る必要があり、工場で生産される産物と異なり、生産量を調整することは難しいため、今年の年末年始には、生乳生産に影響を及ぼすおそれが高まっています。

 この危機を乗り切り、これからも美味しい牛乳や乳製品が安定的に供給されるよう、消費者の皆様には、この年末年始に、牛乳をいつもより一杯多く飲んでいただくとともに、牛乳乳製品を購入いただきますよう、消費拡大への御協力をお願いします。



なぜ牛乳余りが問題となっているのか(農林水産省)
.pdf
ダウンロード:PDF • 287KB
冬こそ牛乳でみんな元気に!(一般社団法人Jミルク)
.pdf
ダウンロード:PDF • 3.91MB



Comments


bottom of page